自社HPで反響をガンガンとる方法とは

月に100本程度、自社HPから影響が取れる不動産会社のHPはどこが違うのか?

結論からいうと、実際の反響につながっているのは、①会社名、②物件名、③単語以上の複合キーワード、による検索なんです。

会社名

検索される回数が1番多い。 (例外もあります。) チラシや店舗を知っている人、会社の評判を知ろうとしている人 であるため、お問い合わせも来やすい。

物件名

直接物件を見た人や「ある物件に入居した いけどもう少し情報が欲しい」という人が打ちこむ。

具体的に「ここ がいい!」と決めている人なので、お問い合わせにつながりやすい。ただし、1つ1つは、検索される回数は多くない。

3単語以上の複合キーワード

欲しい物件の条件がはっきり分かっている人が打ちこむ。

検索される回数は少ないですが、 Yahoo、googleに打ち込む文字の長さはお客様の悩みの深さに比例するため、ホームぺージへの滞在時間も増え、短いキーワードより もお問い合わせにつながりやすい。

上記のアクセスパターンで、普通の不動産会社と 大きく異なっているのは、②物件名+③3単語以上の複合キーワードでのアクセスです。

お客様が物件を探すときを想像してみて下さい。

そんなにたくさんのキーワードを入れる人はいないよ!

これは、全くその通り!上記のキーワードであれば実際に1ヶ月に 1人ぐらい。アクセスする人の数と、 キーワードを図にするとこのようになる。

Amazon.co.jpへのアクセスの90%はロングテール領域からのアクセスだというデータがある。つまり、ロングテール領域は、1つ1つの検索回数は少ないが、全部合わせると、10 倍くらいの数になるということ。 「駅名+賃貸」よりも「駅名 賃貸 条件① 条件②」の大量の組み合わせで アクセスを集める方が10倍近くポテンシャルがあるということ。