来訪者を反響に繋げる最新の工夫をご紹介します

来訪者を反響に繋げるためには、豊富な情報をわかりやすく、見やすく提供することが大切です。多くの顧客が使用するスマートフォンで見やすく、他社との違いをしっかりアピールできるような工夫をしました。このようなデザイン面の工夫で、物件に興味のあるユーザーを確実に反響に導くことができます。

スマホでページを見やすく

物件を探す顧客の実に80%近くがスマートフォンで物件情報を調べています。スマホに対応しないホームページは文字が小さく表示される、レイアウトが崩れるなど顧客が閲覧をやめてしまう原因を抱えてしまいます。ホームページからの反響を狙うには、スマートフォンで閲覧する顧客にしっかりと配慮する必要があります。

最新のスマホ対応デザイン

みらいえのホームページは、スマートフォンでもパソコン、タブレットからでも美しく見やすいデザインになる最新のレスポンシブデザインを採用しています。快適に物件情報を見ることができるのでページの閲覧をやめづらくなります。適切なデザインでページが表示されることから自社への信頼も増し、反響へ繋がりやすくなります。

SEO対策への効果

みらいえのホームページが対応するレスポンシブデザインは、Googleが推奨するホームページの制作方法でもあります。この方式を採用することでSEO対策(検索サイトでの上位表示)にも効果が期待できます。このデザインにより、ユーザーの興味を強められるだけでなく、SEO上の効果から来訪者を増やすことにも繋がります。


来訪者を反響に繋げる

ホームページの来訪者を反響に繋げるには、他社のページや不動産ポータルサイトには無い情報を提供することが重要です。みらいえのホームページは、自社の強みとなるコンテンツにしっかりと目が行くようにデザインされています。

大きく見やすい数多くの画像

みらいえのホームページでは、顧客目を引く大きな画像が豊富に表示されるようにデザインされています。多くの顧客は不動産ポータルサイトなどで物件の情報をよく調べており、物件の基本的な情報はすでに知っています。また、不動産ポータルサイトの画像は小さく不鮮明です。大きく鮮明な画像を多く配置できることで、顧客の目を引き興味を強める効果が期待できます。

自社の強みを活かす

不動産ポータルサイトや他社のホームページにはないコンテンツを強調するデザインです。せっかく時間を掛けて撮影した写真やセールスコピーも顧客へ伝わらなければ意味がありません。来訪者の目に留まるよう写真やセールスコピー、独自のコンテンツは考え抜かれて配置されています。