リスティング広告で反響が増える

みらいえではリスティング広告の掲載に対応しています。リスティング広告を利用して、不動産ポータルサイトではアプローチできなかった顧客に広告を掲載できます。

リスティング広告とは

リスティング広告はGoogleやYahoo!などの検索結果に掲載される広告の総称です。リスティング広告の最大の特徴は、物件を探しているターゲットとなる顧客に、こちらからプッシュ営業を行えることにあります。

例えば、自社近くの物件を検索している顧客に対して空き物件の情報を提供したり、自社のホームページを閲覧した顧客に対して、継続的に最新の物件情報を提供したりすることができるようになります。これによって、興味のある顧客を自社サイトへ誘導でき、反響を獲得することができます。

リスティング広告に不動産物件情報を掲載すると

不動産ポータルサイトでは多くの競合他社がひしめいており、容易に反響を取れなくなっています。リスティング広告では広告の掲載などが人工知能によって最適化されるため、不動産ポータルサイトよりも効率的な広告掲載が可能です。

不動産ポータルサイトの限界

不動産業界の集客は厳しさを増すばかりです。主流となっているポータルサイトでは、同じ物件を非常に多くの競合他社が掲載を行っていることも多く、良質な反響を獲得することが難しくなっています。

チラシの配布や電話営業も集客として考えられますが、これらは購入予定のない顧客に対しても営業活動を行うことになります。結果として、このようなルートからの成約は望めず、コスト対効果の悪い営業活動となってしまいます。このような現実から今、新しい集客手段が求められているのです。

マイクロキーワードを使って集客

リスティング広告では、どのようなキーワードでの検索に広告を出すかを設定できますが、この設定によって反響への繋がりやすさが大きく変わります。

弊社では、長年不動産物件のリスティング広告について調査を行いました。その結果、検索される回数こそ少ないものの、高い確率で 反響に繋がるキーワードがあることがわかりました。このようなキーワードはマイクロキーワードと呼ばれ、競合他社の広告が少なく、広告を出したときに顧客が閲覧・反響に繋がる可能性が非常に高いことが分かっています。

不動産システムみらいえでは効果的なキーワードの設定を完全に自動で行います。個々の物件の特徴に応じた適切なキーワードに対して物件情報を掲載することで、問い合わせを最大化できるようになっています。

人工知能がいつ誰に広告を出すかを最適化

弊社のリスティング広告出稿システムでは、顧客への広告の表示可否やキーワードの設定、広告内容の調整に人工知能を利用しています。

これには、まず、広告を通して自社のホームページへ来訪した顧客の行動を細かく記録します。次に、この記録を物件情報、検索キーワードなどの項目と照らし合わせて人工知能に学習させます。これにより人工知能は、物件情報に基づいてキーワードや広告を自動最適化できるようになります。


ワンクリックで出せるリスティング広告

不動産システム みらいえなら、このようなリスティング広告をワンクリックで出稿することができます。複雑で面倒な設定は一切必要なく、完全自動で集客を行うことができます。