• ホーム
  • /ポータル連動
  • /入力アシスト

入力アシスト

不動産物件情報の誤りを減らし、情報の充実を図るためのポイントを教えてくれる入力アシスト機能のご紹介です。

入力アシストとは

不動産システムみらいえの入力アシストは、公取規約違反の防止やポータルでより反響を取れるようにするための情報追加のガイドを提供します。入力アシストに沿って物件情報を入力することで、新人スタッフでも正確で反響を獲得できる物件情報に仕上げることができます。


入力アシストの種類

入力アシストは複数の機能で使いやすいタイミングで情報が表示されるようになっています。入力アシストとして不動産システムみらいえに搭載されている機能をご紹介します。

公取規約・ポータル規約の自動チェック

取締が強化されている公取規約に物件の登録情報が違反していないか、不動産ポータルサイトの入力ルールに準拠しているか、を自動でチェックします。

チェックは物件登録時にワンクリックでできるから簡単です。物件情報は項目数が400以上あり、手作業でチェックするのは容易ではありませんし、チェック漏れのリスクが付きまといます。

不動産システムみらいえのチェック機能では、物件情報の登録時に問題がある入力項目をわかりやすい説明付きで表示します。しかも、ワンクリックで修正が必要な項目の入力欄にジャンプできるので、とても効率的に修正作業を行うことができます。

また、物件情報の一覧画面では修正の必要な物件をわかりやすい色付きで表示されます。修正が必要な物件だけを検索することもできるので、スムーズに修正作業を進めることができます。

SUUMO名寄スコアチェック

SUUMOの名寄スコア基準を満たしているかどうか、基準を満たすにはあと何をすればいいのかをわかりやすく表示します。

物件情報を登録する際に、この基準を満たすように登録していけば、SUUMOで代表物件を狙えるようになります。代表物件になれるかどうかは、ユーザーがSUUMOで自社の物件情報を閲覧するかどうかに大きく関わります。なるべくこの基準を満たすように物件情報を登録することが反響獲得には重要です。

不動産システムみらいえでは物件の登録作業時にリアルタイムでSUUMOの名寄スコアがどうなるのかをシミュレーションします。これにより、追加で必要な作業をすぐに知ることができ、必要な対策をキッチリと行うことができます。

徒歩分の自動計算・入力

沿線駅、近隣施設情報など物件の周辺情報を入力するときには物件との距離、徒歩分などを入力します。道のりの距離を調べるのは地図で行うと一苦労ですが、不動産システムみらいえなら違います。登録した周辺施設の位置情報と物件情報をもとに、道のりでの距離を自動計算します。施設を設定するだけで、徒歩分などの必要な情報を自動で設定してくれるので、手間は大きく減ります。

LIFULL HOME'S代表物件目標表示

LIFULL HOME’S の代表物件基準を満たしているかどうか、基準を満たすにはあと何をすればいいのかをわかりやすく表示します。

SUUMOと同様にLIFULL HOME’Sでも代表物件を獲得できるかどうかの情報を提供します。代表物件になれるかどうかは自社の物件情報がユーザーに閲覧されるかどうかに大きく関わります。

不動産システムみらいえ では、代表物件を目指せる情報量をどのようにすれば満たせるかを簡単に知ることができるので、追加画像を登録したり、代替画像を探したり、これまでよりずっと簡単に情報入力を進めることができます。

設備情報のポータル検索項目表示

ユーザーが不動産ポータルサイトで物件情報を検索するとき、一部の設備情報が検索項目として利用できるようになっています。登録する物件情報にこのような設備情報が含まれていると、ユーザーが欲しい設備の付いた物件情報を検索したときに、自社の物件情報が表示されるようになります。欲しい設備まで条件として検索するユーザーは、物件のイメージがより描けており、確度の高いユーザーでしょう。このようなユーザーへ物件をアピールすることは反響への近道となります。

不動産システムみらいえでは各不動産ポータルサイト内でユーザーが検索できる設備をわかりやすく表示しています。数多くの設備がある中でも、これらの設備を漏れなく登録することで、より多くのユーザーへ物件情報を提供することができます。

入力アシストを活用した物件の広告

不動産物件情報の登録は項目数が非常に多く大変な作業です。その上、公取規制の取締強化など、ミスが許されない作業です。不動産システムみらいえでは物件情報の誤りを知らせるだけにとどまらず、より反響を取れるようにするためにはどうしたらいいかをわかりやすく表示することで、これまでよりスムーズな物件入力作業を実現しています。